予防歯科・歯周病治療
予防歯科・歯周病治療

虫歯や歯周病は、なってから治療するより、ならないほうがいいに決まっています。「予防歯科」とは、読んで字の如く、虫歯や歯周病を未然に防ぎ、口内を健康な状態にしておくことです。
一番の予防法は、ブラッシングです。当院では、歯科衛生士が患者さまにブラッシングの仕方を、歯ブラシの選び方から丁寧に指導させていただいています。

当院の虫歯予防

当院の虫歯予防

虫歯予防は、乳歯の段階でよくブラッシングする習慣を付けることに加えて、永久歯が生えてきたときに予防治療を行なうのがベストです。生えてきたばかりの永久歯はエナメル質が柔らかく、そのために虫歯になりやすいからです。
とくに乳歯のときに虫歯が多かったお子さまは、永久歯も虫歯になりやすい傾向があります。反面、乳歯のときに虫歯がまったくなかったお子さまは、その後も虫歯になるリスクは低いものです。
当院では、永久歯が生えたばかりのお子さまが来院された際、親御さんに予防治療を行なうことをおすすめしています。予防治療は、まず歯の表面をレーザーで焼き、フッ素を吸収させます。さらに歯の溝の中に樹脂を入れる「予防充填」を行ない、虫歯になりにくいようにします。

当院の歯周病治療

歯周病の予防は、毎日のブラッシングで歯垢を落とすことが第一。それでも歯垢は残り、歯周病菌が歯石に変えてしまいますから、定期的に歯科医院でクリーニングすることをおすすめします。
歯周病がひどくなると、手術が必要になることがあります。一般的には、グラグラになった歯の根元の歯茎を切り開き、中に溜まっている歯石や膿を取り除く「フラップ手術」を行ないますが、当院ではレーザー治療をメインとしています。歯周病のレーザー治療とは、レーザー光で歯周病菌を焼いたり歯石を除去する治療法で、痛みが少なく、治療後も歯垢や歯石が付着しにくいというメリットがあります。
もちろん、フラップ手術でもレーザー治療でも、アフターケアを怠れば、再発する可能性がありますから、治療後も定期的にメンテナンスされることをおすすめします。